ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アフリカンパイプフィッシュの踊り

アフリカンレッドパイプフィッシュ、導入2日目。

念願の「踊り」を見ることができました。






どのような意味があるのか分かりませんが、なんらかのコミュニケーションなのは間違いないでしょう。

バックスクリーンが黒のため、それに映った自分の姿を相手に踊っているように見える時もたまにあります。

ブラインシュリンプもよく食べるようになり、ひと安心です。


水槽を覗いても逃げることはないので、撮影しやすいかと思いきや、身体が細長いので、ピント合わせがやっかいです。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/06(日) 15:56:24|
  2. アフリカンレッドパイプフィッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

こんなお魚を飼い始めました

昨年末から用意していたアルカリ水槽には、このお魚をお迎えしました。

ワイルド・ラミレジィが好きだ!



アフリカンレッドパイプフィッシュのペアです。


その存在を知ってからずっと飼いたかった憧れのお魚のひとつです。

以前はアルカリ水槽とは無縁でしたので、実際に飼うまでには至りませんでしたが、今回はパイプフィッシュ用に水槽を立ち上げてお迎えしました。


わたしがアフリカンパイプフィッシュを知ったときには、入荷は稀だったようですが、最近はヨーロッパでの養殖個体が出回り始めて、比較的入荷情報を目にすることが多くなりました。


このお魚に関しては特にワイルドにはこだわっていませんでしたが、たまたま今回はワイルド個体を入手することになりました。購入店は、いつもお世話になっている東熱帯魚研究所さんです。


さて、導入初日、ブラインをやりましたが投入から約10分後、ようやく食べ始めましたかな、、、

と思うのですが、石の下なのでよく分かりません。


数分に1回パクリとやっているようなのですが、あまりにも餌食いが遅いので、水が合っていないのかもしれません。正直、かなり不安です。







さてもう1種、お迎えした生き物がいます。

ワイルド・ラミレジィが好きだ!


ワイルド・ラミレジィが好きだ!


インドネシア、スラウェシ産のホワイトグローブシュリンプです。

このエビも新着情報を見た時には、衝撃を受け、いつか飼いたいなと思っていました。

今回、アフリカンパイプフィッシュをアルカリ水槽でお迎えするにあたって、混泳できるかな、と思いようやく飼い始めることが出来ました。購入店は、ちょうど在庫があったチャームさんです。
チャームさんでは九州へは生体、水草は送料が無料にならないので、普段は器具類でしかお世話になっていませんでしたが、梱包ばっちりでした!

かなり大きな発泡スチロール箱の中に、なんと保温ポット(おそらく中身はお湯)が3つも入っていて、低温を回避してくれていました。このような発送方法を見たのは初めてです。
ちなみに保温ポットや緩衝材はそのまま発泡スチロールに詰めて送り返す方式でした(返送に料金はかかりません)。購入代金に返送料が含まれているのでしょうが、繊細なエビなどには安心できる梱包方法だと思いました。


スラウェシ産のエビの中ではホワイトグローブシュリンプは比較的飼育が容易なようですが、それでも結構繊細なようです。


水質が合っていれば、結構活発なエビらしいのですが、今のところあまり動き回らずにいますので、こちらも不安があります。





明日以降、どちらの生体も注意深く見守ろうと思います。
  1. 2013/01/02(水) 20:04:02|
  2. アフリカンレッドパイプフィッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。