ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肉眼でも見えるインフゾリア

うちで飼っているインフゾリアは、肉眼では見えないほど小さかったのですが、
最近、かろうじて目に見えるサイズのものが繁殖してきました。


ではご覧下さい。



どうでしょうか?見えましたか?

※なお、撮影にはマクロズームレンズを使用しています。


と、ここまではよかったのですが、ここ数日はまた肉眼で見えるものがいなくなってしまいました(>_<)


容器内でインフゾリアの勢力争いが起きているのでしょうか??


願わくば、もしカージナルテトラが産まれた時に、よいインフゾリアが繁殖していますように(^人^)



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 16:30:24|
  2. インフゾリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の睡蓮

今朝咲いていた睡蓮です。




マンカラウボン
photo:01



昨日までは2輪咲きだったみたいです。残念(>_<)





マリアセア・カルネア(モーニング・グローリー)
photo:02



こちらは今日も2輪咲き(^O^)

マンカラウボンの引き立て役として買いましたが、なかなか上品な色合いで好きです。花色は、ほのかなピンクから、日を追うにつれ白に近づいていくのだそうです。

その変化はまだ実感できていないのですが、この土日で見られるかも。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。
  1. 2012/06/30(土) 11:30:24|
  2. 睡蓮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペルーラム枯葉水槽

先日採取した大山木の枯葉が水に沈むようになったので、ミジンコに毒味をしてもらってからペルー便ワイルド・ラミレジィ水槽に敷きました。

あ、採取してきた時に、前処理として1枚1枚水で洗い、電子レンジで2回加熱処理をしました。
その後、熱湯に漬けて沈むのを待っていました。


photo:01




土日は、魚の様子を見て、問題があれば枯葉を取り出す用意をしておきます。なにも問題なければよいのですけど。


採取してきた大山木の枯葉は、アヌビアスの葉に比べて大きかったので、次回はもう少し小さ目の枯葉を探すこととします。

大山木の枯葉をバケツに沈めていると、ブラックウォーターになったので、これから水が色づくかも知れません。

水槽の景観としては、おおむね自分のイメージしていたものに近づけることができたので、やってみてよかったです。


結構しっかりとした葉なので、よい産卵床になるのではないかと思っています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及を目指し、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。
  1. 2012/06/30(土) 07:00:12|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

真夜中の水槽 zzz...


寝る前にコーヒーを飲んだら、眠れなくなってしまったnoramです(←子供か!(^_^;))




眠れないので、真夜中の水槽でも。




寝ぼけてる人
photo:01


斜めってますね^^



もっと寝ぼけてる人
photo:02


斜めっていうか、もはや横(^_^;)




普段は撮りにくい人
photo:03


寝ぼけてると撮りやすい(^ ^)





普段は撮りにくい人2
photo:04


寝ぼけてるからこそのどアップd(^_^o)





エラコも撮れたよ(^O^)/
photo:05


この人は、普段は姿すら見せてくれない(>_<)








いかがだったでしょうか?
真夜中の水槽。





わたしもそろそろ眠たくなってきましたので、このへんで zzz...



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。
  1. 2012/06/30(土) 04:32:49|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コリドラスに乾燥イトミミズをやる

今うちではコリドラスの主食は乾燥イトミミズです。

東京に住んでいた頃は活きイトメを買うことができたのですが、こちら(北九州)では最寄りに売っているお店がありません。

そのままでは水面に浮かぶので、
キューブタイプのものを底面のガラスに押し付けて給餌しています。

イトミミズはヒカリのものが食いつきがよいです。


実際にやっているところの動画です。




給餌はちょっとだけ手間がかかりますが、この姿を見てしまうと苦になりません。

イトミミズの他には、顆粒状の人工餌などもやっていますが、これも食いつきはよいです。


以上、うちのコリドラス給餌風景でした。おやすみなさい (:D)┼─┤バタッ



iPhoneからの投稿
  1. 2012/06/29(金) 22:00:18|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パンダシャークローチ

しばらく前にお迎えしたお魚がいます。


パンダシャークローチです。


去年まではお高いどじょうでした。
1万円近くするどじょうは、、、買えません(^_^;)


でも今年に入ってから、ずいぶんとお安くなりました。


まさかの2千円台に!


まぁ、それでもじゅうぶんお高いですけどね(^_^;)


そんなわけで1匹だけお迎えしました。


photo:01




あんまりパンダっぽくないって?

そうなんです。この個体はあんまりパンダっぽくありませんね。

典型的なパンダシャークローチは、白い部分がもっと広いんです。


でもなんか、これはこれで愛着が湧いています^^


餌は乾燥イトミミズや、人口餌を食べています。多分ブラインも食べてるとおもいます。

いわゆるドジョウと、ボルネオプレコなんかの中間みたいな体型、というかヒレの形をしています。

体はドジョウ、ヒレはボルネオプレコ、みたいな感じです。

画像では、水槽壁面に張り付いていますが、アヌビアスの葉や、底床にもおりてきたりします。

性格は結構大人しめですが、それほど物怖じしないようなので、餌の食いっぱぐれの心配もそれほどいりません。


動画も張っておきますね。


乾燥イトミミズを食べてるところです。


ニジイロボウズハゼに追っ払われてますね(^_^;)



ではでは!



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。



  1. 2012/06/29(金) 16:30:53|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水槽を真っ暗に

うちでは、今は水槽の照明はお昼から点けて、20時頃消えるようにタイマーをセットしています。

しかし、わたしが寝るのは24時過ぎ。

それまで水槽には部屋の明かりが入ってきます。

それに、夜明けからお昼までも部屋には日の光が入ります。

そこで、コロンビアラム水槽に消灯している時は、覆いを被せることにしました。

photo:01




これで、お魚も安眠出来る時間が確保できるかな~と考えています。

お魚にはあんまり意味はないのかも知れませんが、飼育する方のわたしにはメリハリがついていい感じです(^O^)





iPhoneからの投稿
  1. 2012/06/29(金) 11:30:47|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カージナルテトラの繁殖に挑戦

無謀ですかね?(^_^;)


まだ、肝心のワイルド・ラミレジィの繁殖すら成功してないのに。


でもとりあえず、繁殖例はそこそこあるようなので、チャレンジしてみます。

photo:01




繁殖用のジャンボたらい。
近所のホームセンターで980円でした。

場所はベランダ。

水は水槽水を入れようかとも考えましたが、今回はあえて水道水でいくことにしました。

今、カルキ抜きのためエアレーション中です。

「熱帯魚繁殖大鑑」によると、近縁のネオンテトラの繁殖は20~24.5℃だそうです。

夜~朝にかけて、それくらい水温が下がるとよいのですが。

最高水温、最低水温の記録されるデジタル水温計でチェック予定です。

ハナビの稚魚にインフゾリアを湧かしてやる練習はしたのですが、そもそもカージナルが産んでくれるかどうか!?

今後にご期待ください!




iPhoneからの投稿
  1. 2012/06/29(金) 07:00:11|
  2. カージナルテトラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペルーラムメス動画(フラッシュなし)

先日アップした動画では、iPhoneのフラッシュを焚いていたので、今回はフラッシュなしで撮影してみました。

あいかわらず、オスは撮れませんのでメス個体です。





フラッシュなくてもギラギラしてるのがお分かりいただけるかと思います。

この青ラメ、メタハラや蛍光灯の強光のもとではまんべんなく発色を見やすいのですが、暗い水槽だと光のあたり加減が難しいです。

しかし!暗い水槽でうまい具合に光が当たった時の綺麗さは、強光下の比にならないくらい美しいです。

理屈はよく分かりませんが、経験上、そうなんです。



ラミレジィを魅力的に見せる照明の当て方、いまだに模索中です。


iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。
  1. 2012/06/28(木) 22:00:55|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コロンビアラムのフィンスプレッド

photo:01



なかなかフィンスプレッドのいい写真が撮れませんが、かろうじて撮れた1枚を。

ラムはアピストと比べると、普段から背ビレを張っていることが多いのですが、やはりライバルとのフィンスプの時は張り方が違います(^O^)

できればお互い真っ向からにらめっこしてるところを撮りたいなぁ。

地道に頑張ってみます!



iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及活動のため、日々更新しております。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてみてください。
  1. 2012/06/28(木) 16:30:05|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LEDでヤマサキカズラは育つか?

photo:01



ヤマサキカズラに当てている照明です。

YAZAWAのクリップライト、CLX605というのに、パナソニックのLED昼光色825ルーメンのを付けてます。

ネットでLEDの植物育成情報を探しても、なかなか欲しい情報が見つかりませんでしたが、とりあえずやってみることにしたのでした。

これからどうなっていくのか、今後も報告していこうと思います。



iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/28(木) 11:30:59|
  2. 観葉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマサキカズラに新芽が

ヤマサキカズラにようやく新芽が出てきました!\(^O^)/

最近設置したLEDライトのおかげかな??

photo:01




画像真ん中のが新芽です。

今までなかなか成長が見られなくて焦ったかったのですが、これからどんどん茂るといいな^^

iPhoneからの投稿

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/28(木) 07:00:12|
  2. 観葉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペルーラムメスの動画

ペルー便ワイルド・ラミレジィのメスの動画を撮ってみました。

水槽左側の流木にボルビティスを活着させるため、水槽内をいじったら、ゴミが舞って見にくくなってしまいましたが(^_^;)






抱卵したままだからか、餌のやり過ぎだからか、体型が崩れてしまっています。

少し餌を控えようかな。


うちのペルー便ラムは、警戒心が強くてなかなか写真や動画を撮らせてくれません。

なのでこれ、貴重な動画です(笑)


では、おやすみなさい(:D)┼─┤バタッ


iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/27(水) 22:00:02|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シーモンキーマジック

わたしが子供の頃、シーモンキーの卵というのが、ガチャガチャで売られていました。

今もあるのかな?

シーモンキーって、要はブラインシュリンプですよね。(シーモンキーはブラインを品種改良したものだという話もありますが、ほんとかな??)

今でもシーモンキーの名前で売られているのかググっていたら、こんなサイトを見つけました↓。

シーモンキーの飼育セット販売
http://www.diana.dti.ne.jp/~atlantis/okirakustyle/shop/sea_monkey.html

-----上記サイトから抜粋-----
【シーモンキー飼育の手順】
1:飼育タンクに、中和剤(ウォーター・ピュリフィア)を入れて水を浄化します。
2:最低24時間経って浄化された水の中に、シーモンキーの卵(インスタント・ライブ・エッグ)を入れる
3:シーモンキーが孵化してから4日後に専用のエサ(グロース・フード)を与えて下さい。
4:未熟なシーモンキーがいたら成長剤(プラズマ・スリー)を与えてみて下さい。
5:シーモンキーを赤くしたいならビタミン剤(レッドマジック・バイタミン)をお試し下さい。
6:シーモンキーを繁殖させたい方は精力剤(キューピッド・アロウ)を与えてチャレンジしてみて下さい。
-----抜粋終わり-----

なにそれ~!レッドマジック・バイタミン、超試してみたいんですけど!(^O^)/

食紅かなんかを餌に混ぜたものかな??

各製品にカタカナ名がついてるのは、子供心をくすぐるためでしょうか?

わたしの心もくすぐられまくりです(^_^;)

残念ながら↑のサイトでの販売は中止になったようですが、なんとか入手してみたいものです。


iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/27(水) 16:30:19|
  2. ブラインシュリンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ「ワイルド」にこだわるのか?

当ブログでは、ワイルド・ラミレジィに焦点を当てた記事を多く書いています。

ところで、なぜ「ワイルド」なのでしょう?
ドイツラムやオランダラムでもいいじゃない。
(レインボーラムやバルーンラムなどなどについては、ここではあえて触れません)

自分で自分に問いかけてみました。

ハッキリとした答えは出ませんでした。

そこで、ワイルド・ラミレジィの好きなところを挙げてみることにしました。

・体型が自然(ドイツラムなどにも自然な体型のものもいますが)。









以上(笑)



少なっ!


でも、わたしの場合、それに尽きるのかも知れません。

ヒレの伸長や発色の派手さは改良品種に分があります。

でも、体型の自然さは、ワイルドならではだと思うのです(自然の産物だから当たり前なのですが)。

細かいことを言えば、ワイルドは体側後半の黒斑が比較的はっきりして見える、という点など色々挙げられるかも知れませんが、ドイツラムにも中にはそういう個体もいるようです。


色々考えても、なぜ「ワイルドが好き」なのか、よく分かりませんでした。

結局のところ、現地からここ日本まではるばるやってきた個体だ、というロマンなのかも知れません。

そんなあやふやな思いでブログやってんの?と言われたら、はいそうです、としか返せませんが(笑)。



ここまで書いていて思いついたのですが、
これは、恋愛感情、のようなものかも知れません。

理屈は抜きにして、大好きだ!

要はそういうことなのかも。

東熱帯魚研究所の薄暗い水槽の中、
キラキラしたワイルド個体を初めて見た時から、恋に落ちてしまった。

そういうことか。


かなり恥ずかしいことを書いてますが、本音です(笑)。

まとまりが悪いですが、今回はこのへんで。



iPhoneからの投稿



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/27(水) 11:30:27|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水温計って

水温計って、昔からあるはずなのに、あんまり進化してないですよねえ。

まあ、デジタル表示のは、一応進化なのかな。

普通の吸盤で水槽にくっつけるヤツ。
あれ、どうにかならんもんなんですかねえ。落っこちること、落っこちること!

水槽に手を入れる時、水温計を拾うことほどゲンナリすることはありません。

と、常々思っていたら、水作さんとADAさんから、画期的な水温計が発売されました。

水作さんのは、、、、、なんかゴツイからヤダ(笑)

ADAさんのは、見た目もいい!
絶対水槽内に落ちないし、こりゃいい!

と、思っていたんですが、実際に使っている知人に聞いたところ、
「水温がまともな数値を示さない」とのことorz...

たまたま不良品を掴んだのかも知れませんが、水温計としてはかなりお高いんだから、品質管理はちゃんとやって欲しいものです。

でもその知人、「インテリアだから、問題なし!」って、言ってましたけどね(笑)

で、わたしは今持ってる水温計にちょい足しして、絶対に落ちない水温計を作ることにしました。

photo:01



ADA水槽のシールは剥がすけど、エーハイム水槽のシールは剥がさない、noramです!

インテリア重視の方にはアレでしょうけど、まあまあ許容範囲の見た目ではないでしょうか?

水温計に、ビニールコートされたアルミ棒を巻いて接着しただけのお手軽改造です。

水温も問題なく計れてます。

この水温計自体のデザインがあまり好きではないんですけどね(^_^;)

こんな感じで、うちにある水温計のうち3つほど改造しましたが、使用感は上々です。

水温計が落ちないと、精神衛生上、非常によいです!

みなさんもなにかアイデアあったら、是非お教えください^^



iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/27(水) 07:00:49|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コリドラス滝登り?

実はコリドラスも飼っています。

パンダとステルバイとゴッセイ。

やっぱかわいいですよね、コリドラス^^

他に飼ってみたいのは、デュプリカレウス、コンコロール、アラグアイアエンシス、コルレア(パラレルス)など。

コリは種類が多彩ですが、わたしが好きになるのはたいていメジャーな種類です。


コリドラスがディフューザーの水流に逆らって泳ぐシーン




バックのテレビの音が邪魔ですが、この水槽置いてあるところが居間なので(^_^;)





iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/26(火) 22:00:10|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ブセファランドラの森に憧れる

東京の京成立石という町に、トロピカルガーデンという熱帯魚屋さんがあります。

近隣にお住まいの方でブセファランドラが好きな方は是非行ってみてください!

まぁ、そんな人はすでに行ったことがありそうですけど(笑)。

このお店、とにかくブセが凄いんです!

森です!

まるで森なんです!!

ブセの森がそこにはありました。



わたしが行ったのはもう2年以上前になるのかなぁ。

その時には、新手のブセはなかったんですが、とにかく繁り方が半端じゃなかったです。

西カリマンタンとか、クダガンとか、カユラピスなんかが、まるで有茎草のように生い茂っていました。

これだけ力説しても、たぶん初めて見た人はびっくりすると思います。

ていうか、ブセへの認識が覆されると思います。


これは、うちのブセ水槽です。

photo:01



ブセの森には程遠いですね(^_^;)


トロピカルガーデンの店主によると、CO2添加、強光、ソイルに植える、というのが育てるコツだそうです。

水草として当たり前のことですが、ブセと言えば弱光、という思い込みがあったので、よいアドバイスを聞けたと思いました。


ブセは、わたしのように水草を育てるのが下手なものにとっても、枯れず、溶けず、育てやすい、よい水草だと思います。

コケたらヤマトを投入すれば大丈夫ですし。



いつか、あのブセの森を自宅で再現してみたいなと、そう思っています。





何年かかることやら(^_^;)



iPhoneからの投稿



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/26(火) 17:00:41|
  2. ブセファランドラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペルーラム水槽に枯葉を敷く

この水槽↓に、枯葉を敷こうと思ったのです。

photo:01



そこで、枯葉を探して近所を探索しました。



枯葉は水槽内ではすぐに朽ちてしまう。

ならば、厚みのあるしっかりとした葉を使えば、長持ちするんじゃないか?

そういう枯葉を探しました。





ありました!
大山木という木の枯葉です。

photo:02



今、↑のように水に沈むまで待っているところです。

本当はアヌビアスみたいな形の葉っぱがよかったのですが、そう都合の良い葉は見つかりませんでした。

毒性はないようですが、念のため、先にミジンコを投入して毒味をしてもらう予定です。

枯葉の階層構造から、トニナの森へとアピスト飼育を進化させた方がいらっしゃいますが、その足跡を辿ってみようかと。

若輩者ですが、
そう考えています。



iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/26(火) 11:30:36|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ブラインが合体!?

おはようございます!

最近のブラインの様子をご紹介します。





朝っぱらからなんなんですが、これって交尾??

最近よくこの光景を目にします。

以前1匹だけ育てていた時は、1匹だけなのに卵らしきものを腹に持っていたのは見たことあったんですが。

このままで、稚ブラインが生まれてくるのか?

それとも一度卵を乾燥させなければいけないのか?

ググればわかると思うんですが、結果を先に知りたくないのでググってません(笑)

もうちょっと様子を見てみようと思います。


iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/26(火) 07:30:32|
  2. ブラインシュリンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンステラに光を&ラム


photo:01



ペルーラム水槽上部のヒメモンステラやヤマサキカズラの育成のため、ライトを取り付けました。

LEDにしてみたんですが、効果はまだ不明です(笑)

ゆくゆくは、壁にキャットウォークも兼ねてライトの設置板を取り付けて、もっと近くから照らす予定です。


今日のコロンビアラム
photo:02



トーマシーが貝を食べてくれたのと、頻繁な水換えの成果か、pHがあまり上がらなくなってきました。

よ~し、これからも水換え頑張るぞ~!


iPhoneからの投稿


カミユさんのアドバイスで、バナーを作ってみました!

適当なソフトを持っていなかったので、なんだか文字がぼやけてますが(^_^;)

おいおい改善してみようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/25(月) 22:00:34|
  2. 観葉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイビスカス

今年からハイビスカスを育て始めました。

本当はミセスユミを育てたかったのですが、うちの近所では見つからなかったため、比較的似ていたこれにしました。

photo:01



品種名はアポロ、といいます。

普通ハイビスカスは花が1日で萎んでしまうそうなのですが、こちらは品種改良で3日くらい花が持ちます。

地元の花屋さんでたまたま見つけて買ったのですが、かなり気に入っています。

後で調べたら、かなりメジャーな種類みたいですね。

ハイビスカスはお手軽に南国気分が味わえていいです。


機会があれば、ミセスユミも入手したいと思っています。


iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/25(月) 17:00:12|
  2. 観葉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペルーラム水槽混泳魚その2/オトシンクルス

ペルーラム水槽の混泳魚紹介、その2です。

ペルーラム水槽には1匹だけ住んでもらっています。

photo:01




はい、なんの変哲もない普通のオトシンクルスです。


と言っては、オトシンに失礼なので、熱帯魚・水草2700種図鑑で種類を見分けようとしてみました。


頭の先から尾筒まではっきりと入る黒いラインは、オトシンクルス・ジャネイレンシスの様に見えます。


次に「枝支部」さんというブログでのオトシンクルスの見分け方を読んでみました。

そうするとうちのオトシンは、
オトシンクルス・ヴィッタータス
らしい感じがします。


ただ、枝支部さんでご紹介されているヴィッタートゥスの写真と、図鑑の写真があんまり似ていないんですね。


結局のところ、わたしにはうちのが何オトシンなのか判別できませんでした(^_^;)


すまん、オトシン!!


フォローするわけではないですが、ラミレジィの混泳相手としてはラムの繁殖期以外にはお互いに干渉せず、とっても相性がいいと思います。

水槽の名脇役、オトシン。
これからもよろしくね!

iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/25(月) 11:30:17|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡蓮とハナビ

今年から睡蓮を始めました。

今、植えているのは温帯性睡蓮のマンカラウボンとマリアセア・カルネアです。

マンカラウボン
photo:01




マリアセア・カルネア(別名モーニング・グローリー)
photo:02




これらの睡蓮を植えているタフブネで、ミクロラスボラ・ハナビを飼っています。

水槽内では繁殖させる事ができなかったのですが、タフブネに入れてしばらくすると、稚魚が泳いでいました。

今、少ないですが、3匹育成中です。

無事に成魚になって欲しいな~と思っています。


そもそもなぜハナビを飼い始めたかといいますと、去年、ハナビの故郷、ミャンマーのインレー湖を訪れたからなのです。

その時、湖上から眺めた水の中に泳いでいた小魚がハナビだったかどうかは分かりませんが、インレー湖産の熱帯魚を飼ってみたいと思ったきっかけでした。インレー湖には睡蓮も咲いていましたし。

※ただし、今飼っているハナビは養殖個体だと思われます。


タフブネの中では、睡蓮の葉の下などに隠れていて、なかなか姿を見せませんし、そもそも上見をしても見栄えのするお魚ではありません。

でも、睡蓮を眺める時に、ここにハナビがいるんだ~、と思うと、なんだかいい心持ちになります(笑)。

寒くなる前に、室内の水槽に引き上げる予定ですが、その時どんな発色をしているのかも、楽しみです。



iPhoneからの投稿



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/25(月) 06:30:06|
  2. 睡蓮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイルド・ラミレジィを購入したい方へ

「ワイルド ラミレジィ」や「ラミレジィ ブログ」でGoogle検索すると、このブログが上位に入るようになった事に気付いたので、書いておきたい事があります。

はっきりいって、わたしなんかヘナチョコ(なりに頑張ろうとはしていますが)ですので、ワイルド・ラミレジィを飼いたいという方にとって、このブログはあまり参考にならないと思うのです。

ですので、ワイルド・ラミレジィを購入するにあたって、とても頼りになるオススメのショップをご紹介しようと思います。

それは、An aquarium. というお店です。

「当たり前だろ!」との声が聞こえてきそうですが、最近になって初めてワイルド・ラミレジィに興味を持った方、熱帯魚飼育を始めて間もない方もいらっしゃると思うので、あえて書きます。

An aquarium. は、アピストグラマという魚種に特化したお店として有名ですが、近縁のラミレジィを入手するにも最善の選択肢となると思っています。

まず、問屋さんから掬ってくる個体自体が素晴らしいということ。

それから、飼育において生じた諸問題に対して、タイムリーに的確なアドバイスをしてもらえるということ(時々、パンク状態になっていることもあるようですが)。

そして、その割にはリーズナブルに購入出来るということ(東京近隣にお住まいでない方には送料がかかる事がネックですが、諸々考えて、やはりリーズナブルだと思います)。

これらの点から、現状イチオシのお店です。

An aquarium. さんにはお世話になっているので、これはやや書きにくい事なのですが、本音を言えば、東のAn、西の○○、みたいな、ためをはれるお店が出てきてくれればいいな、と思っています。

しかし現状はそういうお店はないというのが、実際のところです(もしあったら、是非教えてください!)。


個体自体の良さでは、他に松坂便というのがあります。

こちらの個体も良いものでした。

ただし、飼育相談などには対応してくれないと考えた方がいいです。これは、悪口を言いたいのではなくて、珍しい魚を現地から採ってきて、売ることに特化する、そういうスタンスの業者さん(ショップという形態ではない)だということです。

もの自体は良いので、そういうことを考慮の上で購入するのはよいと思います。


「ドハデなセレクト個体じゃなくていいから、とりあえず安く買いたい」という方。

実はわたしはそういう個体も好きです。水槽の都合がつけば、いわゆる並ものも、また飼ってみたいと思っています。

そういう個体を買うにあたっては、東熱帯魚研究所さんがオススメです。
こちらはAnさんほどのメールでのタイムリーさではありませんが、きっちりと飼育相談にのってもらえます。

特に安売りのお店ではありませんが、セレクト個体でない分、比較的お安く買えます(要は一般的なお店と同様の価格)。



以上、短いですが、ワイルド・ラミレジィを購入するにあたってオススメのショップのご紹介でした。

当方、なにゆえ飼育歴も浅いもので、
他にもこんなショップがあるよ!という方は、お教えいただけると嬉しいです(^O^)

iPhoneからの投稿



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/24(日) 22:00:29|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ペルーラム水槽混泳魚その1/エラコカラックス・ジョージアエ

ペルー便ラミレジィ水槽の混泳魚その1をご紹介します。

エラコカラックス・ジョージアエです。

ダータテトラの近縁種です。

photo:01



はっきりいって、隠れキャラです。
水槽を覗いても、いつも見つけられるお魚ではありません。

でも、見つけた時の嬉しさはたまりません(^◇^)

地味で、餌食いもめっちゃ遅いです。
(最近、他の方の動画を見て、うちのエラコだけが餌食い遅いわけじゃないと分かりました)

うちでは基本的にブラインをやっていますが、小さなアカムシなども食べるようです。イトメもやってみたいんですが、うちの近所では売ってないので残念です(>_<)


実はかなり好きなお魚です。

かなりトロいので、ほっておけないというか。

いつも見られるわけじゃないので、気になっちゃうというか。


そんな存在です。





iPhoneからの投稿



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/24(日) 17:08:13|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コロンビアラム メス

こんにちは!

photo:01


photo:02



コロンビア産ワイルド・ラミレジィのメス個体です。

メスも好きです。

大きな黒斑の周辺の青ラメが特に。

もちろんお腹のピンクも。

背ビレの中央に寄生虫が見られますが、志籐さんに質問したところまずはお魚が落ち着くまで待ってからでも対処は遅くないとのことなので、まだ様子見です。

まずは水槽のpH、KHを下げることに専念しようと思います。


iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/24(日) 13:25:41|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイルド・ラミレジィの生息環境


photo:01



手元の図鑑(South American Dwarf Cichlid)から、ラミレジィの生息地についての記載を抜粋して紹介してみます。英語から和訳してさらに省略してるので間違ってたらすみません。

・ラミレジィは熱帯雨林の小川の住民ではなく、むしろ低地のサバンナの水たまりに生息する。
・水たまりは人工の散水用の穴がもとであることが多く、ヤシによって囲まれている。
・ラミレジィの採取される場所の水温は平均で30度。
・総硬度はあらゆる場合で非常に低く、5から35 μS。
・pHも低く、6.3から5.5の間。

・岸辺から覆いかぶさった植物や、水中に落ちたヤシの枯葉がしばしば唯一の隠れ家となっている。

・同じ場所に住んでいるのは、ミクロポエキリア ピクタ、アピストグラマ ホイグネイ、ヘミグラムス アームストロンギなど。


ここからはわたしの感想。

意外とかなりの高水温に生息しているのだなぁと思いました。この図鑑の記述が正しければ、ですが。硬度はやはり極端に低いですね。

現在のうちのTDSは、ペルー水槽73ppm、コロンビア水槽67ppmです。
まだまだ高いですね。

pHもまだ1日放っておくとコロンビア水槽は6台後半まで跳ね上がります。

適正環境には程遠いですが、徐々に改善していきます。

iPhoneからの投稿


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/24(日) 07:00:07|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラミレジィのお食事風景(フィンスプ有り)



コロンビア産ワイルド・ラミレジィのブラインシュリンプお食事風景です。

後半でオス同士のフィンスプレッドが見られます。

ただ、もっとワイルド・ラミレジィ本来の魅力を見ていただける様、もっといい動画を撮りたいです。

そのためには水質を改善しなくては!

元気そうにパクパク食べてますが、水槽のpHはまだ6以上。

貝が発生しているとpH下がらないんですね。

現在、トーマシー2匹導入し、頻繁な水換えで対処中です。

焦らず、きっちりやります!
できるだけよい環境を作るために。


iPhoneからの投稿
  1. 2012/06/23(土) 18:09:05|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラムにミジンコ

突然ですが、ミジンコを飼っています。

photo:01



photo:02



ラミレジィに、ブラインシュリンプ以外の餌を試してみたくなったからです。


飼い始めてみると、意外に難しい(^_^;)


もしかしたら、お魚より飼うのが難しいかも。

最初は順調に殖えてたんですよ。うじゃうじゃ。

でも1ヶ月を過ぎた頃から、減り始めて。

今はなんとか絶やさない様にしています。


ラムを含めて、お魚の餌としては、、、今度書きますね。


iPhoneからの投稿



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑クリックすると、色んな方の綺麗なアピストが見られます。ラミレジィを飼育されてる方のブログもありますよ!
  1. 2012/06/23(土) 12:00:49|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。