ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドキドキの帰宅

3日間、うちを空けまして、先ほど帰宅しました。

さっそく各水槽を検分。

うん、ひとまずは大丈夫そう。


お魚の安否確認後、ブラインをセット。

次に、冷蔵庫に保管していた少量の活きブラインを洗って、各水槽に少しづつ与えました。

3日くらいなら冷蔵庫で活きたままブラインを保管できることが分かりました。もっとも栄養価はかなり落ちているのでしょうけれども。



メスと隔離していたアガシジィのオスは、今週末に再再度、合流させる予定です。



とにもかくにも、みな無事で安心しました^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 22:08:37|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アガシジィ (再度)オスを抜きました

明日から3日間、家を空けることになりまして、大事を取ってアガシジィのオスを抜くことにしました。

ここ数日の様子から見て、極端なDVはないとは思うのですが、メスを失うリスクは限りなくゼロに近づけたいのです。

今までの乏しい経験上、何かしらトラブルが起きるのは水槽をよく観察出来ない時、特に家を留守にした時が多いような気がします。




アガシジィペアの入っている30cmキューブ水槽には、ドワーフフロッグビットが浮かび、ミニ枝流木や落ち葉が沈んでいます。

まずそれらを取り除きまして、やっと網を入れられます。




余談ですが、わたし、網でお魚を捕まえるのがいまだに下手なので、今まで素手で捕まえたりしていたのですが、どうもそうして捕まえたお魚(ラムやアピストの様に頭のいいヤツら)は「手」を怖がるようになっている気がします。

なので、今後は面倒でも網を使って捕まえる方針でいくことにしました。




オスも、メスも、水槽に網を入れても、わりとのんびり構えています^^

この子らは、撮影時にiPhoneをギリギリまで近づけても、ほとんど逃げません。

願わくば、このままおっとり育ってほしい。。




さて、オスを捕まえて、60x20x20水槽へ移します。

網の中でオスがビクビクと暴れるのが網の柄ごしに伝わってきます。

魚って、小魚でも、全身筋肉のような、見た目からは想像できないほどの力強さを感じます。

まるで生命そのものの塊、、、、、、いや、生き物だから当たり前か。




オスを抜いた後、30cmキューブに枝流木を戻し、枯れ葉を配置し、ドワーフフロッグビットを浮かべて、蓋を閉める。

そんなこんながあってからも、新しい水槽でオスは元気。メスも、オスと一緒にいる緊張がほどけたのか、のびのびとしています。



しばらく餌をやれないけど、達者でな!!

おやすみ~zzz...

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/28(日) 01:19:42|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

極細枝流木SS

今しがた到着!!

photo:01




先日、もうアクア関連のお買い物は年内はしない!と宣言した舌の根も乾かぬうちに、、、。



いいんだもん!これはオブジェだもん!!(←駄々っ子)



ほら、最近流行ってるじゃないですか?流木オブジェ。



オブジェだから、一本一本の造形が大事です!
photo:02





見事な枝っぷり、かつコンパクト!


こういうの、部屋にかざっておきたかったんだよなぁ。


万が一、置き場所に困ったら、トイレの貯水タンクに沈めておけばよいのです^^
※弁につっかえないようにご注意を!(経験者談)


え?オブジェなら、水に沈めとく必要ないんじゃないかって?


それはあれですよ。
ほどよく水を吸った流木には、乾燥した流木にはない質感が出てきますから。


質感は、オブジェには重要です!!(`・○・)




東京に住んでいた時、流木はダムまで拾いに行ったりしましたよ。

往復4時間以上はかかりましたかねえ。

収穫は、、、聞かないでください。orz...


いい流木を拾えるところに住まれてる方がうらやましいです。


なかなかこういう根っこ部分の流木ってそこらで拾えるもんじゃないんですよねえ。

何度かの流木探しで、これは立地的に見つけるのは無理だ、と諦めました。


さあどんなオブジェを作ろうかなぁ。


鼓動が高まり、脳内麻薬がどっぷり染み出してくる、幸せな時間です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/27(土) 10:16:09|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

産ませてよ!\(‘O‘)/

アピストグラマ・アガシジィのオスをメスと合流させてから、いまだ産卵せずです。



メスは産卵床の流木下にスタンバイし、オスが近づくと産卵床から出てきて「産ませてよ!」と腹を見せてアピール。



オスは「だって俺、、、そういうの初めてだし。。。」と煮え切らない態度。



でもやっぱりメスのことが気になるのか、産卵床の近辺をうろうろ。





あ~も~、じれったいっ!!!




でも、すごくワクワクする、楽しい時間です^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/26(金) 23:35:09|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アガシジィオスをメスと合流させました

アピストグラマ・アガシジィのオスを、メスのいる30cmキューブ水槽に合流させました。

メスは当初怒りまくって、オスを追いかけ回していましたが、一晩たって立場逆転。

今度はオスがメスを追いかけ回し始めました。

そのうち、いい雰囲気になり、メスが腹を見せて産卵床に誘うそぶりを見せるも、、、


いまだ産卵はせず、です。


はやく産卵シーンが見たいな~!!!


昨晩のブラインタイムの動画↓です。



チビチビだったころからはずいぶん大人っぽくなりました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/26(金) 07:00:00|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エキノドルス・オパクス・ヴェルデ?

先日購入したエキノドルス・オパクス・ヴェルデです^^

photo:01



ていうか、オパクスって色々ありますけど、ほんとにこれヴェルデで合ってますかね?
違うと言われたら反論出来ません(^_^;)


まあ、こういうのが欲しかったやつだから、結果オーライなんですけど。


オパクスのたぐいに惹かれて、でも高いな~と手が出せずにいた頃、ショップで「エキノドルス・オパクス 2000」と書いてあるのを見つけ、「おお~!2000円!安い!!」と勘違いしたのを未だに思い出します(^_^;)

オパクス 2000という品種だったんですねえ。

よく見ると、右に9800円とちゃんと書いてありましたっけ(^_^;)

小さな株ですが、大きく、増やしていく、楽しみがあります^^


今年はもうアクア的欲求はほぼ満たされました!

なんと言っても念願のアガシジィを飼い始められましたしね。


欲を言ったらきりがないですけども。


水槽台は欲しいかなぁ。
30cmキューブを横4個、それを2段くらい置けるやつ。


そんなもん置く場所どこに!、、、、、、あるっちゃあるけど、、、。



まぁ、ラミレジィを繁殖できるようになってからですね、水槽増やすのは。


それまでは、現状維持で!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/25(木) 22:25:06|
  2. 水草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒドラが出た〜><

ヒドラが出ました。


といっても、出たのは結構前からです。


原因はある程度分かっていて、しばらく前に導入した水草パンタナルレッドピンネイト。

これを植えた水槽にしか発生していないことから、ほぼ確定でしょう。


いつもならハニードワーフグラミーを投入して退治してもらうのですが、子育て中のハニドワを刺激したくなくて、とりあえず放置していました。


各水槽には毎日ブラインをやっているので、当然ヒドラは殖えてきますね^^;



ブラインをやる時、スポイトは水槽水につけない。

これを守っていたので、他の水槽には伝染していませんが。



ヒドラが殖えた水槽には、親のハニドワに入ってもらうことにしました。

隔離せず、様子を見ていた稚魚が、とうとういなくなってしまったからです。



隔離したハニドワの稚魚たちは、おそらく1匹も落ちずにすくすくと育ってきています。

試験的に60cm水槽に放った稚魚1匹は、1日1回のブラインだけで、1日3回ブラインをやっている隔離水槽の子らと同様の成長を見せています。


そろそろ60cm水槽に全員移動してもらおうかな。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/25(木) 07:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

エキノとブセとグラスハチェットとブラインエッグ

エキノドルス・オパクス・ヴェルデとブセファランドラ"ブラックセンチピード"が到着しました。

画像はまた後日。


それと、アガシジィの混泳魚として選んだグラスハチェットも先日無事到着。

導入当初は意外にも水槽下層を泳いでいたりしましたが、現在では水面付近を漂っています。


アピストより上層を泳ぎ、稚魚を襲う可能性が低い(という期待)のもと、導入しましたが、アピストの「あて馬」としては少々繊細すぎるお魚だったかも知れません。そういう意味ではやはり小型ペンシルフィッシュの類いというのは絶妙な選択なのだなぁと思いました。

導入直後は下層を泳いで、アガシジィのメスに追い回されたりしていましたが、現在のところは泳層が違いすぎて、お互い無関心な様子。


7月25日から使い始めたブラインエッグ50gが、なくなってきたので、再注文しました。
今回もベトナム産のものです。
注文から届くまでに1週間ほど要するのがちょっと不便ではありますが、孵化率が素晴らしくて愛用しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/24(水) 21:10:34|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっちゃいました(^_^&#59;)

エキノドルス・オパクス・ヴェルデ。


注文しちゃいました(>_<)


いつかは入手したかったエキノドルスです!

これで憧れのエキノ、ウルグアイエンシス・レッドとオパクス・ヴェルデ、両方が手に!!

オパクス、大事に育てていこうと思います!(^O^)/

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/20(土) 07:00:33|
  2. 水草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

鏡でフィンスプレッド...アガシジィ・テフェ

相変わらずのピンぼけ画像です^^;

デジ一買うまでは、しばらくこのクオリティが続くことをお許しください!

ていうか、ガラス前面の掃除しなきゃですね。

今日は鏡を置いて、アガシジィのフィンスプレッドを見てみました。

ワイルド・ラミレジィが好きだ!-agassizii
ワイルド・ラミレジィが好きだ!-agassizii


カメラ(iPhone)近づけても逃げないのが助かります。

ほんとはラミレジィ画像もアップしたいのですが、こちらはなかなか撮らせてくれません><




必死に少ないブラインを探しまわる姿を見ていると、餌をたくさんあげたくなりますが、がまんがまん!


混泳魚2匹も追加したので、ブラインが漂っている時間も15分以内と短くなりました^^


混泳魚は写真に撮れ次第、ご紹介予定です!


ではでは~


[追記]
なんか黄色いな~と感じて、とりあえずそのまま画像アップしてみましたが、やはり黄色が強調されてるような。

やはりブラックウォーターの影響でしょうかね。水換えはまだ控えたいんですけど、本来の体色を見てみたいなぁ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/19(金) 22:24:40|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

餌をさらに減らしてみました

昨夜、スポイト1滴のブラインが30分以上水槽を漂っていたので、今日はさらに減らしてみました。


いつもはブラインひたひたになるくらいの水で、かなりペースト状に近いものをやっているのですが、水の量を多くして、水っぽいブラインの1滴をオスに。メスにはそれを3滴。


15~20分でほぼなくなり、ちょうどいい感じ!

給餌後、iPhoneにマクロズームレンズをつけて撮影しました。

photo:01


photo:02


photo:03



う~ん、写真の出来はともかく、このアガシジィいい!!好きだ!!

注文時、お店にリクエストした特徴が盛り込まれてる!

正直、うちに来たばっかりの時は「いい個体だ!」とは思いましたが、こだわっていた細部の特徴についてはよく分かりませんでした。

ここから、きれいに仕上げなきゃ。



ちなみにレンズはこういうやつです。
photo:04



本来はコンデジに付けて使うものですが、iPhoneでも使えました。

100均のiPhoneケースにレンズを付属の磁石で取り付けています。

普段はiPhoneをケースに入れないので、こないだ落とした時にガラスにヒビが入りました(>_<)



デジ一欲しいな~、とは思いつつ、そもそもわたしが使ってもきれいに撮れるのでしょうかね。


今度誰かに借りて試してみようかな。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/

  1. 2012/10/18(木) 21:30:23|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アガシジィ・テフェ、ダイエット開始!

導入わずか12日にして太らせてしまったアピストグラマ・アガシジィ"Tefe/Muttonzinho"。

今日からダイエット開始です!

ちなみにメスにもだいたい同じ量のブラインをやっていたのですが、こちらはそれほど太っていません。メスは抱卵にエネルギーを使うからなのかな??
でも、ブラインのやり過ぎは間違いないようなので、メスも餌の量を減らすことにしました。

具体的には、オスにはスポイトでブライン1滴、メスには3滴やることにしました。


で、ブラインが水槽内から見えなくなる時間を計ってみたのですが、、、


ブライン1滴でも30分以上、残ってますね^^;


もっと少なくすべきか。

明日はさらに半分に減らしてやることにします。


あ、あとオスを少しでも運動させようと、水槽側面に鏡を置いてみました。

さっそくフィンスプレッドしてますが、、、これって常時置いておいてもいいもんなんでしょうかね??

なにか弊害はないのかな。


そんなこんなを考えつつ、水槽を眺めております。



そういや、An aquarium. さんのニュースページでオススメのカメラについて記載がありました。

奇しくも、EOS Kiss(ボディのみ)と純正マクロレンズ、これ狙ってたんですよ!
これでよかったんだ(´ ▽`)と安堵。

あとはいつ買うかだな。。。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/17(水) 22:06:30|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アガシジィ・テフェ導入12日目で変化をチェック

アピストグラマ・アガシジィ"Tefe/Muttonzinho産"、導入12日目になるわけですが、ここらで導入直後との変化をチェックすることにしました。

幸い、購入元のAn aquarium. さんで同便の別固体の画像が多数公開されました。

まだまだ飼育した個体数が圧倒的に少ないわたしにとっては、お店ではどの様に育っているのか、我が家と比較できる絶好の好機です!



まずは、うちのアガシジィ導入直後
photo:01



ここではまだお店に残った個体との差はそれほどないはず。



次は、導入9日目の様子
photo:02





ん~。。。
体型の印象がなんだか違ってきたような。



で、今日の様子
photo:03





これは、明らかに太ってきてる!?



薄々感じてはいたのですが、あらためてお店の個体の画像と比べて見ると、やはり太っちょ(ですよね?)。



餌のブラインの量、かなり多かったようです。


ちなみに、今日の給餌時からどのくらい水槽内にブラインが残っているか、計ってみましたが、1時間20分以上経ってもまだブラインが漂ってます。

明日から半分以下に減らそうと思います。

混泳魚が皆無というのも餌の残りに拍車をかけていると思うので、少しばかり混泳魚を入れてみよう。


これも幸い、An aquarium. さんで最近、アピストに向いた混泳魚について紹介があったので、、、それを参考にしつつ、別のお魚を入れることにしました。

アピストより上層を泳いで、稚魚を襲わないであろうお魚。


実際に試してみたことはないので、実験的なものになります。


ただ気になるのは、アピストのような水換えスパンを長く取るお魚と一緒に飼って、水質的に馴染んでくれるかどうか??


注意深く観察することにしよう。





話は元に戻りますが、うちでの飼育経過でのアガシジィの変化について。

他には、背びれの後端が伸びてきてるな、と。
それから、目の斜め上方に入るかすかなオレンジ色。これが肩赤の兆候なのかな?と感じたのですが、はたしてどうなのでしょうか。
これは今日にいたるまで気づけませんでした。


それにしても、同便のアガシジィたちを見ても、色々な表現があって実に面白い!

じっとお店の水槽を見つめても、なかなかわたしには個々の違いをはっきりと識別するのが難しい。

印象、好き嫌いというのはあります。

でも、細部の特徴の違いを把握するというのがまだまだ出来ません。

どこを見ればいいのか、ということが分かっていないから。

画像に押さえられているからこそ、分かりやすい、ということもあるのですね。じっくり画像を見比べれば、間違い探しのように、違いが見えてくる。

もっとも、現状では、同便のアピストを複数見比べられるお店、というのが近くにないのですけれども。


同便のアガシジィ、もう1ペア、、、というのは水槽キャパシティ的に無理なので、我慢します。ええ、我慢しますとも。




以前、雑誌アクアライフのアピスト特集で読んだ、アピストは水槽数cmの距離で観察するお魚、という文が、今となって実感できました。




そういえば、今月号のアクアライフ、アピストの特集がありますね!


今回は、いつにもまして熟読しました。

わたしにとっては、得るものはかなりありました。

アピスト始めようかな~、という方にはすごくいい内容なんじゃないかと思います。決してページ数は多くはないけど、内容が濃い!と感じました。


ベテランの方は、どう読んだのかも気になるところです。





さて、明日からダイエットだよ~!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/16(火) 22:00:09|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ブセファランドラ・ブラックセンチピード

昨夜、ひさしぶりにFEED ONさんのブログを読んでいたら、なんだかすごく魅力的な(わたしにとっては)ブセファランドラの画像が!

さっそく前予約してしまいました。

その名もブラックセンチピード!
黒ムカデ(^_^;)

その赤黒い草姿は、わたしが今育てているどのブセにも似ていません。

2年半くらい前からだったかなぁ、ブセを育て始めたのって。

その時期少しはまって6種ばかり集めました。

わたしは今のところは小型のブセが好きなので、集めたのはすべて小型のものです。


今回はほんとにひさびさのブセ購入になります。

2年前に比べると、ブセも安くなったなぁと思います。1980円ですよ。

まず枯れないし、水質の適応幅が広いし(アルカリ性では育てたことないですが)、コケだらけになってもリカバリー効くし、気長に育ててると何時の間にか意外と殖えてるしで、案外リーズナブルなんじゃないかと思います。

ブセも、レイアウト水槽にも少しづつ使われ始めているようですね。
かなり特徴的な草姿なので、広く普及するかは分かりませんが。

30cm水槽でレイアウトやると、アヌビアスじゃデカすぎる!という時などは、代わりにつかえるような気が。





今、これ書いてて、30cm水槽でブセレイアウトとかブセテラリウム、やってみたくなってきちゃいました(^_^;)



とりとめないですが、これで。


では!



2012/11/19追記

ブセファランドラ・ブラックセンチピードのやっつけ画像を載せておきます。
$ワイルド・ラミレジィが好きだ!


正直な感想は、、、

がっかりでした^^;

うまく育てるとブログ画像のようになりますと、お店からのメールにはありましたが本当かなぁ。。。

今後の経過は追ってご報告します。




にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/

  1. 2012/10/15(月) 15:00:35|
  2. ブセファランドラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

あるお魚の変身

今日は新しいお魚を紹介します!



photo:01



カージナル・ダータテトラ君です!












嘘ですm(_ _)m










正体は、このひと!
photo:02



エラコカラックス・ジョージアエ。



1枚目の画像は昨夜撮ったもの。
ブラインをやった後、しばらくして見てみると、なぜか突然体色が褪せていたのです。

体調が悪いのか!?と心配しまして、サテライトの流水量を少し上げておいたら、今朝はケロッと元どおりの体色に。

昨夜の変身は、いったいなんだったのだろうか。


ショップから送られてきた時、袋の中でこういう風に色あせているのは見たことあるんですが、飼い始めてからは初めて見ました。

一時的にせよ、やっぱり体調悪かったのかな。

ひとまずは、よくなって良かったです。






今日のアガシジィ

photo:03



ダッフンダ!


って言ってる様に見えません?

わたしだけかな(^_^;)



では!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/14(日) 21:15:59|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ブセとアガシジィ

コケコケのブセファランドラ・カユラピスをバックに、アガシジィ(Tefe/Muttonzinho産) オスです。

photo:01



ブセファランドラは、夏の暑さで?シンタンが若干弱っております。

コケコケは、近日中にミナミ軍団投入でなんとかしてもらうつもり。

ヤマトの方がいい仕事してくれますけど、どうしてもあの大きさが好きになれず(^_^;)

ヤマトもうちにいますけどね!



アピストとクリプトコリネ。
この組み合わせを以前は妄想して楽しんでおりました。
実際にはやらなかったですが。


アピストとブセファランドラ。
これは、微妙になんか違うかなぁ。
似合いそうなんだけど、やっぱりちょっと違う。


アピストとクリプトは、いつかやってみたいですね。

産地はまるで違うけど、このふたつはなんかしっくりきます。

そういえば、西荻窪のTheなまず屋さんで実際にクリプトの森を泳ぐアガシジィを見たことがありましたっけ。



さあ、そろそろお魚たちにブラインをやる時間だ~^^

では!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/13(土) 19:00:00|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アクアショップに行きたい!

こちら(福岡)は、いい感じのお天気です(^O^)



東京の阿佐ヶ谷にいた頃はこんな日には、歩いてFEED ONさんまで出かけたりしてたなぁ。
FEED ONさんといえば、店内のお香の香り。
懐かしくて、今うちでも使ってます。RAIN FOREST。100均でも売ってます。
お魚は、わりと興味の範囲外のものが多かったけど、店内をよく探すと発見があったり。ワイルド・ラミレジィもいたりしましたね。
ブセファランドラを初めて買ったのはこのお店でした。
クリプトコリネのウェンティグリーンとかそういう一般的なやつはないんですか?と聞いたら、その時はなかったけど、次にお店に行ったら一通りメジャーなのが揃ってて、おお!このお店はマジだ!と思いました。



ちょっと遠出になるけど、電車に乗って東熱帯魚研究所さんに行くのも楽しかったです。
自分の守備範囲外のお魚も色々見ることが出来て、しかもお店が狭いので疲れなくていい(^O^)
色々お話するのがまた楽しかったなぁ。店構えは一見、入りづらい感じがしますが、実際はアットホームなお店です。
床下プールのネオケラを見られた日はラッキー♪



少しアピスト熱が冷めていた頃に通い始めたのが皮肉にもAn aquarium. さん。
実は先日のアガシジィ購入まで、アピストは1匹も買ったことがなかったです(ラミレジィなどは買ってましたよ)。ペルーラムのすごいのをバックヤードから出してきてくださって見せられた時には、ラミレジィはこのお店で買う!と心に決めましたね。
実はこの頃からすでにアガシジィを物色してはいたのです。
店内での500円でのプチアピストゼミも懐かしいです。たしか参加者7~8人と、いたって小規模でした。
その後に受けたホールを使ってのアピストゼミ。今でもその時テキスト(白紙ですが)にメモした事を読み返しています。
来年はきっとまたゼミ受けるぞ!



市ヶ谷に住んでた頃は、散歩がてら市ヶ谷フィッシュセンターさんとかアクアフォレストさんにもよく行きました。
両者全くタイプは違いますが、ひとつ共通点が。
活きイトメが売っていたこと(^O^)

今は近くにイトメを売ってるお店がないんですよね~。
コリドラスには、やっぱり時々イトメをやりたいな。



現在、うちから歩いて行けるいちばん近いお店は、熱帯魚屋さんというか、金魚屋さんというか、その中間みたいなお店です。

福岡に引っ越してきた時、アマゾニアが通販出来ないので困りましたが、実はこの金魚屋さん、ADAの特約店だったのですよね。
店の奥にしっかりアマゾニアも在庫してある事を知ったのは、ずいぶん後になってから。

お魚の品揃えは、う~ん、今のところあんまり興味が出ないです。というか、いつ行っても同じお魚。多分全然売れてない。
一般種が多いのですが、意外とブラックモーリーなんかは置いてないんですよね。
もっぱらここではアマゾニアとかパワーサンドとか魚病薬を買ってます。




というわけで、やっぱり都心暮ししてた時はお店に恵まれてたなぁ、とあらためて思います。

もっとこちらの熱帯魚屋さんも盛り上がって欲しいのですが、需要がないのでしょうかねえ。

需要は自ら作り出す!という気概のあるお店が、都内には少数ながらありますよね。

きっと他の地方にもあると思う。

車で数十分行けば、なかなか活気のあるお店もあるにはあるのですが、散歩がてらぶらっと出かけてみようかという近所のお店が欲しい今日この頃でした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/13(土) 15:00:25|
  2. ショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アガシジィ &quot;Tefe/Muttonzinho&quot; オスを抜きました

アピストグラマ・アガシジィ"Tefe/Muttonzinho"のメス動画です。





昨日、オスは抜きました。

こういうこともあるかと、元々の飼育水を半分残してトーマシーに温めておいてもらった60+×20×20水槽に入ってもらってます。

フィルターの絞り汁も使ってみました。

今のところはオスも元気なようです。



メスが若干ヒレぼろになってきたのと、給餌時にはオスがメスを追うのが激しくなったりで、メスがゆっくり餌を食べられてなさそうだからという理由です。

ちょっと早めな判断かとも思いましたが、まずメスをしっかり育てるために念のためオスを抜きました。

2週間ほど、メスにしっかり栄養つけてもらってからオスを合流させる予定です。

オスに追われている時は体色が黒っぽくなったりしていたメスも、1人になってのびのびとしているようではあります。

同居時、特に消灯前の時間帯にはオスはメスにアピールを繰り返していましたが、メスは受けたそうにしていたり、逃げ回ったりと、まだ産卵の準備が出来ていなさそうな感じでした。

体長的にも(約3cm)まだ未成熟な感じを受けたのですが、どうなんでしょうか??

メスの身体がしっかりするまでは焦らずに、しっかりしてきたら迅速に、と考えております。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/13(土) 07:15:59|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コロンビア産ラミレジィ近影

コロンビア産ラミレジィ、オスの近影です。

photo:01



最近ちょっとパッとしてないような。

とりあえずpH5.0以下にはしたんですが。

水換え後のpHチェックを怠っていたので、pH6.0以上になってるのに気づかなかったからあわてて水換えでpH/KHマイナス添加しました。

付け焼き刃では、水槽コンディションが良好になってないということなのかなあ。



あ、あと忘備録的に。

トニナをトリミングしたタイミングで底床クリーナーかけるの忘れてました。

次回トリミング時には忘れないように底床クリーナーかけよう!




よーし、もう一度ラムにきれいになってもらうよう頑張るぞ~!!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/12(金) 21:30:44|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エキノ・ウルグアイエンシス レッドの水中葉

先日、水上葉をご紹介した、エキノドルス・ウルグアイエンシス レッドですが、今回は水中葉をご紹介しようと思います。

photo:01



水上葉もまだ残ってます。緑色のが水上葉。赤いのが水中葉です。

まだ伸び始めたばかり。

以前は60cm規格水槽に植えていたので、葉がオーバーハングしてしまっていましたが、今回は深さ45cmの水槽に植えたので、どうなるかな~。
やはり水面に達してしまうかも。

てなわけで、お昼の更新でした~(^O^)/

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/12(金) 12:00:58|
  2. 水草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハニドワ第二弾稚魚、ブラインを食べる

特に隔離せず、産まれた水槽でそのまま様子を見ていたハニードワーフグラミー(ワイルド)の稚魚ですが、一部の稚魚がブラインを食べたようで、おなかをオレンジ色に膨らましてました!

もしこのまま育ったら、、、感無量です!!

オスはまだ稚魚を守る様子を見せていて、他の魚を追い払いまくってます。

これだけ長い期間子育てするとは思ってもみませんでした。

偉いぞ!オス親!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼っている方もいらっしゃいますよ(^O^)/
  1. 2012/10/12(金) 07:00:16|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エラコ、ブラインを食べる

エラコカラックス・ジョージアエのブライン捕食シーンです。



この動画ではそこそこのペースで食べてますが、もっとのんびり食べていることも多いです(^_^;)

iPhoneにマクロズームレンズを付けて撮影しているので、大きく写っていますが、実際の体長は2cmないくらいです。

うちの家族は、ラミレジィですら「地味」、というので、このお魚をわたしが飼っていることは知りません。

もし見つけたら、なんと言われるんだろう(^_^;)

これで、なかなか愛嬌のあるやつだと思っているのですが、いかがでしょうか?

自分から愛嬌を振りまくタイプでは、決してありませんが。

地味な眼鏡っ子が、眼鏡をとったらやっぱり地味だった、というような安心感があります(謎)

ちなみに他種には無関心ですが、同種間では縄張り争いするのを見たことがあります。

おそらくそれが原因で片目を失った個体がいたので、同種混泳には注意が必要かもしれません。

個人的にはサテライトでの単独飼育が適しているように思えます。

30cm水槽でも、ちょっと大きすぎる気がしました。餌取りの関係で。

この子らは自然界でどのように生き延びているのでしょうか??

わたしにとって、大きな謎であります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!ラミレジィを飼育している方もいらっしゃいますよ^^
  1. 2012/10/11(木) 21:30:39|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

水槽の名脇役

水中葉化をのんびり待っているパンタナルレッドピンネイトにとまったオトシン、の上にとまったオトシン。

photo:01



タイトルに名脇役と書きましたが、メインで飼っている人もいると思います。

コケを食べてくれるだけじゃなくて、かわいい~んですよね~(^O^)

そんなオトシンの中で一番かわいいと個人的に思っているのがバンブルビーオトシン。

あのかわいさはヤバイです。

でも飼育がわたしには難しく、最長半年の命でした。

またいつか挑戦したいと思っていますが、今は導入を控えております。

知人は1年以上飼育しているので、うまく飼えば長生きできると思うのですが。

スポイトで口元にブラインを落とすとせっせと食べていましたが、自分から泳いでブラインを探すということはあんまりしていなかったなぁ。

人工餌に餌付くと飼いやすいのかもしれません。

うちではプレコタブに餌付いたバンブルビーオトシンは比較的長く生きられました。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!
  1. 2012/10/11(木) 07:00:34|
  2. オトシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エキノドルス・ウルグアイエンシス レッド

今日は消灯前に画像を撮ることが出来なかったので、しばらく前に撮った画像を紹介します。

photo:01



エキノドルス・ウルグアイエンシス レッドの水上葉です。

ところで、「水上葉」ってどういう読み方をしていますか?

わたしは「すいじょうば」だとずっと思っていたのですが、どうも少数派のようですね(^_^;)

水上葉だと、赤味はまったくありませんが、水中葉は濃い赤に染まります。

現在、トニナ水槽に植え替えて水中育成中。

赤い葉が出てきました(^O^)

FEED ONさんのセールで購入当初は、あんまりきれいに赤くならず、拍子抜けしていたのですが、数ヶ月経つとかなり赤くなってきて嬉しかったことを思い出します。

特に環境は変えていなかったので、数ヶ月を経て環境に慣れたから赤くなったのかな。

今年の夏にいったん屋外で水上葉化したので、また赤くなるには時間がかかるかなと思っていましたが、今度はすんなり赤くなりそう。

というわけで、きれいに赤くなる条件はいまだ不明です(^_^;)

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!
  1. 2012/10/10(水) 22:30:03|
  2. 水草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

平穏な日

昨日は悪いことが立て続けに起こりましたが、今日はいたって平穏な日となりました。

各水槽、何事もなかったかのように、お魚は泳いでいます。

エラコカラックス・ジョージアエが、設置した枯れ枝にちょこんと乗っかってくれていたのは嬉しかったです(^O^)

基本的には底床にジッとしているお魚なので。

そう言えば、先日、庭の手水鉢に稚魚の時に放流していたミクロラスボラ・ハナビ3匹を、涼しくなってきたので回収しました。

もうすっかり3匹とも成魚サイズ。


その親たちは睡蓮を入れているタフブネで飼っていたのですが、この夏を生き延びたのは1匹だけでした。ただ、その1匹はひれの色がオレンジというよりは朱色に近くなり、美しく育っていました。

来年はもう少し涼しい場所で飼うことにします。



ハニードワーフグラミーの稚魚たちもどんどん成長してきてます。

60cm水槽に移すべき時が近づいています。

明日は大きめの稚魚1匹を、60cm水槽に移して様子を見てみようと思います。

無事に順応してくれるとよいのだけど。

では、おやすみなさい (:D)┼─┤バタッ

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!

  1. 2012/10/10(水) 00:00:47|
  2. アクア全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪いことは続く。。。

昨晩、コロンビア産ラミレジィ水槽の伸びすぎたトニナをトリミングしました。

病気のオスの発見が遅れたので、少し視界をよくしようという目論見もあり。



その時、メスの1匹がどうしても見つかりません。



あわてて水槽内をくまなく探すと、、、外部フィルターの吸い込み口に取り付けていたP-2フィルターと水槽壁面の間に挟まって、死んでいました。




水草水槽の吸い込み口にスポンジは要らない、、、そう聞いたことがあります。



素直にストレーナーだけ取り付けておけばよかったのです。

やはり、わたしには自己流はまだ早い。

基本を学び直さなければ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!
  1. 2012/10/09(火) 12:00:05|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

反省すればいいってもんじゃない

やってしまいました。





今日、コロンビア産ラミレジィのオスを1匹、死なせてしまいました。


松かさ病だと思われます。

見つけた時には底に横たわって荒い息をしていました。


すぐさま購入店であるAn aquarium. さんへメールし、やるべき事を聞きました。



が、メールの返信がくる前に、焦って自分でとりあえず対処をしてしまったのです(短距離ですが、外出する必要があったので)。


水槽水のpHが高かった(pH6.0)ので、少量の水換えとともにpH/KHマイナスでpHを下げ(pH4.8あたりまで)、その水ごとプラケに隔離、自分で判断した薬浴をしてしまいました。



その後、外出。


メールを確認すると志籐さんからお返事が。


薬が違った!
pHを下げるようにとも書いてない!


外出先には近くにホームセンターがあったので、メールにあった観パラDを購入。


用事を済ませて急いでうちに戻ると、すでにラムは、息をひきとっていました。




早まった自己判断のミス。




まだ、あります。



数日前から、このオスの姿をちゃんと確認出来ませんでした。

トニナの間から、少し顔を覗かせてすぐにまたトニナの奥へと隠れてしまっていました。



ここで変調を感じ取るべきでした。



変調の見逃し。



そしてまだ。



前回水換え時に、ホースの固定具が外れて注水部分が水上に飛び出したまま注水してしまい、底床がえぐれるほど巻き上げてしまいました。
もしかしたら、この時巻き上がった汚れが病気の原因となったかもしれない。



不注意。



これだけミスを重ねてしまいました。




反省、、、はもちろんしますが、これだけミスを重ねていた事を考えると、飼い主として失格ではないかと。



遠く、コロンビアから来てもらった命。

大事に飼おう、と心に決めていたはずなのに。



反省する、と言えば簡単ですが、取り返しの付かないこともあるのですね。



落ち込んでから、また立ち直り、残った3匹のラミレジィの命を責任を持ってまっとうさせなければ。



松かさ病の対処法は、志籐さんから懇切丁寧に教えていただきました。
薬も入手済み。


あとは、まず病気にさせない。




病気のサインを見逃さない。

ここ1週間は、正直アガシジィの導入に気を取られて、他の水槽の観察が手薄になっていたところがあります。

手を焼いていたラミレジィたちの寄生虫が完治して、ホッとしていたというのもありました。



まだまだ、好きな対象に肉薄するまでの集中力が足りないのかな。



反省すればいいってもんじゃないけど、やっぱり反省して、次に繋げます。


死んだラムには、もう「次」はないのですけれども。
  1. 2012/10/08(月) 22:00:58|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

官能的、神秘的な。。。

昨日は新規導入したアガシジィを、メスがいじめられすぎてないかじっくり観察できました。

オスはやっぱり威張っていて、メスが視界に入ると追っ払います。

それほどしつこくなく、視界から消えると、それ以上は追いかけません。

メスの尾ビレが一箇所少し裂けましたが、まだ静観できそうです。

ただ、もしメスを落としたらと思うと、ゾッとしますので、気は抜けません。

そうして日に何度も水槽を覗いていたのですが、消灯1時間前くらいからでしたか、オスもメスもまるでスローモーションを見ているかのように、お互い微妙な距離感でゆら~りと近づいたり、離れたり、また近づいたり。ときにはオスがヒレをゆっくりと広げて誇示したりし始めたんです。


その光景が、官能的、神秘的だなぁと。



デジカメのズーム機能で離れて撮影したのですが、重すぎてyoutubeにあげられませんでした。後でアップし直しました。


7:22あります^^; 序盤だけでも雰囲気は伝わるかと。ちなみにピント合ってません。
効果音に水音付けてみましたが、これも合ってない。。。
カメラの特性か、なぜか画面全体的に赤っぽく写っていますが、実際にはこんな色ではないです。




今日お昼に照明点灯後、観察すると、またいつものキビキビした泳ぎに戻ってました。

オスはメスを追っ払ってるし。

あの数十分間続いたゆったりとした動きはなんだったんだろう???

まだまだわからない事ばかりです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!
  1. 2012/10/08(月) 14:54:43|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高級ブランドアガシジィ・テフェ産です!(^O^)/

すみませんm(_ _)m

タイトルは冗談ですよ!(笑)



さて、
導入4日目のアピストグラマ・アガシジィ(Tefe/Muttonzinho産) の様子です。



手振れがひどいですね(笑)

ブラックウォーター気味に見えますが、照明が赤系蛍光灯だからです。点灯から1時間までと消灯1時間前までは、メインのLEDライトは点かないようにタイマーをセットしています。

朝夕の薄暗さと昼の明るさの違いを少しでも再現しようと思って。

なにか意味か効果があるのかと聞かれると、???なのですが(^_^;)


今日はオスのメスへの当たり具合をじ~っくり観察することにします。

今のところはわりと平穏な感じですが。

メスも少しずつ慣れてきたのか、オスにビビりながらも、水槽内の探索をするようになってきました。

う~ん、やっぱ水槽を眺めるのは楽しい~!

餌をやりたくなってしまいますが、夜の定時まで我慢です。





・・・・・・・・・・・・・・・
以下は長い余談ですが。。。


すみません、ピンとこない方はスルーをお願いいたしますm(_ _)m


『ブランド志向』ねえ。。。

わたしが好きなのは「個々のお魚」であって、「ブランド」じゃありません。

テフェ産だから、欲しがったり、ありがたがってるわけじゃないんですよねえ。

図鑑で一目惚れした、これこれこういう特徴のあるアガシジィが欲しい!!!

それがテフェ産だったというわけで。

可能な限りあちこち足を運び、webにも目を通し、納得がいくまで2年(途中で中断はありますが)かけて探しました。

テフェ産ならなんでもよいわけではなくて、今回も欲しいタイプを明確にお店の方に伝えてから入手しております。

色々あるタイプを度外視して「テフェ産」とひとくくりにして語る方がブランドにこだわっているんじゃないのかなぁ。

ブランドが好きなら、エラコカラックス・ジョージアエのような安価でマイナーなお魚は飼いません。
そのエラコに、往復3時間かけて山に登り、枯れ木を採ってきて、隠れ家をつくってやったりしませんよ。
苦労話をしたいわけじゃなくて、それは自分が楽しくてやっていることなんですけどね^^

お魚がほんとうに好きな方なら分かっていただけると思うのですが。

このブログには、自分の好きな事を書く、嫌な事は書かないという姿勢をほぼ通してきたつもりですが(てへっ(^_^;)ごくたまに批判的なことも書いちゃったかな)、それでも嫌味を言われることもあるのですね~。

世の常ですが、悲しいことです。

「そのお方」のブログは毎日拝見させていただいて、毎回ポチさせていただいていたのですが(マジです)、もうアクセスする事はないでしょうね。

嫌な事に首を突っ込みに行くほど物好きじゃないので。

さらに余談ですが、客の好みを聞かずに、「この魚、きれいなんだから買えよ!」なんつー感じのお店ではお買い物したくないですね。



さーて、次回からは気を取り直して、自分の好きな事ばかり書くぞぉ~!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!
  1. 2012/10/07(日) 14:00:14|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ダータの仲間(^O^)/

意外とブログ村界隈でダータが流行っているみたいなので、便乗して(^_^;)

photo:01



現在、サテライトで隔離飼育中の、エラコカラックス・ジョージアエです!

名前にダータと付かないですが、ダータの仲間らしいです。

一見して分かるとおり、非っ常に地味な子です。

しかも、餌取りが遅いのなんの。
ちなみにブラインとミジンコしか食べたとこを見たことないです。

でもこの子は今まで飼ったエラコの中では餌食い早い方です。


基本的にジッとしてるし、地味だしで、いいところがないような説明にどうしてもなってしまうのですが、実はこのお魚、わたしはめっちゃ好きです!

うまく説明出来ませんが、どん臭すぎてほっとけないアイツという感じ。

60cm水槽で飼っていたら、ヨレヨレガリガリになって1匹死んでしまったので、こいつはサテライトでぬくぬくと生き延びてもらうつもり。

明日、山で拾ってきた枯れ木をサテライトに入れて、さらに落ち着いてもらおうかと思っています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます!
  1. 2012/10/07(日) 00:00:47|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。