ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コロンビアラムの薬浴準備(寄生虫対応)

カワコザラガイが発生していたコロンビア・ラミレジィ水槽。

トーマシー2匹の投入もあってか、見た目上は貝が見つかることもなくなりました。

An aquarium. さんに教わった通り、換水を繰り返しております。

現在では換水翌日のpHも6.2くらいになってきました。

対処前はpH6.8くらいまで上がったりしてました。

このまま、pH4台まで下がるように換水を続けようと思います。




さて、コロンビアラムのヒレについていた寄生虫ですが、
だんだんと大きくなり、また、寄生箇所が広がりつつあります。

当初はヒレだけについていた寄生虫ですが、ボディの部分まで勢力を伸ばしてきました。

そろそろ薬浴を、と思い、まずはウェブ上で情報を探してみたのですが、これがなかなか見つかりません。

金魚のウオジラミ、イカリムシについては多くの情報が見つかるのですが、ワイルド・ラミレジィのヒレにつく寄生虫、となるとこれがさっぱり見つからないのです。

ずっと前、ワイルド・ラミレジィを初めて買った時にも同様の寄生虫がついていたことがあるので、ワイルドラムにとっては割とポピュラーな存在だと思うのですが。

ちなみにその時は、ヒレの一箇所に大きめのひとかたまりしかついていなかったので、爪でこすり取りました。

今回は、小さいかたまりが複数あり、ボディにもついているので、すべてを爪で取る自信がなく、薬浴でいくことにしました。

薬浴方法は例のごとく、An aquarium. 志籐さんに相談しています。


これからワイルドラムを飼われる方のためにも、今後の薬浴について経過を書いていこうと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/04(水) 21:30:08|
  2. ラミレジィの寄生虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コロンビアラムの薬浴準備2(寄生虫対応) | ホーム | カージナルテトラのオスメス?>>

コメント

1. 無題

アピストもそうですが、病気は厄介ですね。
大抵の人が病気には馴染みが薄いのですが、
あの方のアドバイス付きなら心強そう。
アピストにも通じると思うので対処方記事待っています。
  1. 2012/07/05(木) 01:05:37 |
  2. URL |
  3. りの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:無題

>りのさん

やはり経験豊富な方のアドバイスは頼りになりますね(^ ^)

アピストにも同じ寄生虫がつくのかは分かりませんが、写真を撮ってみようと思います。

ご参考になれば幸いです。
  1. 2012/07/05(木) 05:47:35 |
  2. URL |
  3. noram #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noramandwho.blog.fc2.com/tb.php/154-e269b440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。