ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トロピカルNについて(ワイルドラム寄生虫対応)

本日、コロンビア・ラミレジィの寄生虫対応として、薬浴に使用する予定のトロピカルNについて。


■成分10g中
トリクロルホン 1.0g/10g
アクリノール 0.2g/10g
塩化ナトリウム 8.8g/10g


■効能
観賞魚(金魚、錦鯉)のうおじらみ(ちょう)、いかり虫の駆除及びうおじらみ(ちょう)、いかり虫による外傷の治療。

規定量は水20Lに0.2gだそうです。



うちで薬浴に使用予定のADAミニS水槽は水量10Lちょい入りますが、きりがいいのでバケツで10L計って入れようと思います。

そうすると、規定量は0.1gですね。

普通は、そんな量、計れるか~!と思うところですが、0.00gの位まで計れる秤がありますので、とりあえず問題なしです。


成分のうち、トリクロルホンが寄生虫に作用し、アクリノールが寄生虫による外傷を抑えるようです。

【このうちトリクロルホンは水温28℃以上、pH8.5以上で毒性が強くなるらしいので、注意が必要と思われます。
まあ水温はともかく、pH8.5というのはワイルド・ラムには論外なのでしょうが。】

もともと持っていたトロピカルゴールド(使ったことないけど、、、)にもトリクロルホンが入ってはいるのですが、量が少ないです。

さすがAn aquarium. 志籐さんと言うべきか、いちばんよく効く薬をピンポイントで教えてくれたんですね。

うちに帰ったら、さっそく薬浴予定です。

はやく治ってくれるといいなぁ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑ワイルド・ラミレジィ普及のため、日々ブログを更新中です。モチベーションUPになりますので、よろしければクリックしてやってください。





スポンサーサイト
  1. 2012/07/05(木) 16:30:48|
  2. ラミレジィの寄生虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コロンビア・ラミレジィについてきた寄生虫はこんなんです | ホーム | コロンビアラムの薬浴準備2(寄生虫対応)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noramandwho.blog.fc2.com/tb.php/156-a151a1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。