ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラミレジィについて記述のある本を入手。しかし、、、

「Das grosse Buch der Cichlidenzucht」という本を買ってみました。
しかしこれ、ドイツ語の本です。

Amazonで検索したら、ラミレジィについてある程度記述がありそうなのが、これくらいだったのです。あと、アクセルロディアクセルロッド博士の本っていうのにもそそられて。。

ちなみにわたし、ドイツ語はまったく分かりません^^;

本が届いて、さっそく文章をタイプして、各種Web翻訳にかけてみました。

以下、ちょっと長いですが、各サイトの翻訳結果を載せてみます。
文章はラミレジィについての冒頭の一節です。


■エキサイト翻訳(InfoseekとYahoo!もほとんどおんなじでした)
魅力的で人気の蝶カラフルな棒(Mikrogeophagus ramirezi)は、コロンビアとベネズエラに異なるSabannengew ssernから来ます。 これらの海は、とりわけリオミータへの、そして、リオVichadaへのより小さな流入です。 DieSchmetterlingscichlidenは、彼らの洪水-地域だけでなくここで小さなものでむしろ流れに耐えることとゆっくりflieBenden小川だけでより少なく生きます。 中でより深い水にあるまで、多数の水生植物は小川で砂の理由に関して成長して、また、岸から多くの沼-植物を栽培します。 実質的に硬さゆるい水は、30だけ5,5と温度のまわりにpHsを放出します。進行中の。

う~ん。ところどころなんとなく分かるようなところもありますが、全体的には何言ってるかさっぱりわからんですね ><


■World Lingo翻訳
魅力的な、普及したSchmetterlingsbuntbarschのMikrogeophagusのramireziはコロンビアおよびベネズエラに別のSabannengewässernから、起きる。 これらの水はリオメタとリオVichadaへとりわけより小さい供給である。 生きているDieSchmetterlingscichlidenは水害地と同様、だけここにむしろより小さいの永続的な水のより少しゆっくり小川をflieBenden。 小川のsandigemの理由で多数の水中植物は育ち、また銀行から深海の多くの沼地植物を育てなさい。 ほとんどhardenless水は5,5のまわりで水素イオン濃度指数および30℃のまわりで温度を表わす。

エキサイトよりは、少しだけましでしょうか。
でも全然分かりません。。。


■Linguatec(独→英)+google翻訳(英→日)
魅力的で人気の蝶の色パーチ、Mikrogeophagusラミレスは、コロンビアとベネズエラの異なるSabannengewässernからです。これらの水は主にリオ·メタへとリオビチャダに小さく流入である。ここでDieSchmetterlingscichlidenライブ少ないflieBenden小川だけでなく、その浸水区域定常海域ではなくとしてに小さいだけ遅い。
小川多数の水生植物で砂の理由に成長し、多くの湿地の植物はより深い水に海岸からまた育つ。ほとんど硬度より少ない水は約305.5でのpHと温度を示しています?

これもわからんTT
でも、3つも翻訳文を見てくると、少しずつ分かる部分が増えてきた気がします。


■google翻訳
魅力的で人気の蝶のシクリッド、Mikrogeophagus ramireziは、コロンビアとベネズエラの様々なSabannengewässernから来ている。これらの水はリオのリオメタとビチャダ、主に小さな支流があります。以下の比較的小さいと低速ストリームとその洪水flieBendenエリアより停滞水域に住んでいるDieSchmetterlingscichliden。ストリーム内の砂底に水植物の様々な成長にもより深い水の中に成長する湿地植物の銀行の多くを製造しています。ほとんどの非硬化の水は、pH5.5の値と30℃の温度を持っています。


おお!これはかなりましなのではないでしょうか?
そもそもドイツ語自体分からないので、翻訳精度のほどは不明ですが、少なくとも日本語としてはだいぶわかりやすくなりました。


まだまだ(ラミレジィに関しては12ページ。写真だけのページもありますが)翻訳にかけないといけない文が大量に残ってますが、ちょこっとずつタイプ→翻訳を進めていこうと思います。

使う翻訳サイトはやっぱgoogleかな(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます。ラミレジィを飼育されてる方もいらっしゃいますよ^^
スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 07:00:00|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<オリンピックとラミレジィ | ホーム | トニナ水槽、ほんとにととのいました??>>

コメント

1. 大変な作業を

こんばんは(^-^)
凄いですね(^-^)
執念ですね(^-^)
ラミレイジーを愛しているんですね\(^o^)/
一ヶ月前ほどに、ラミレイジーのベネズエラ産を仕入れました
この時の、トリートメントですが、水温30℃ PH 5、5 ~6、0位、 リーフを多めに入れて、マングローブの力を入れ、約3週間ほどトリートメントしました(^-^)
PHは、低過ぎるとバクテリアもいない環境になってしまいかねません
先日の薬浴で、少し気になったものですから 余計なお世話でしたらごめんなさいねσ(^_^;)
  1. 2012/07/28(土) 00:14:29 |
  2. URL |
  3. 五右衛門とはな #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:大変な作業を

>五右衛門とはなさん

ラミレジィのことでもなければ、ドイツ語の本なんて買わなかっただろうなぁ。

低pHでのバクテリア、たしかに気になるところですね。
薬浴槽では、薬でバクテリアはそもそもいないような気もしますが。
今は薬浴を打ち切って、水草水槽に戻しました。
自然治癒に任せてみようと言うことにしました。
時間はかかると思いますが、執念深くねばってみます。
  1. 2012/07/28(土) 01:36:02 |
  2. URL |
  3. noram #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3. こんばんは(^-^)

>noramさん
水草水槽には、不思議な力があるなぁと
思います
病気になった子でも、水草水槽に入れると、ずっと治りが早い
ラミレイジー調子良くなると良いですね(^-^)
綺麗なラミレイジーですね(^-^)
  1. 2012/07/28(土) 23:40:10 |
  2. URL |
  3. 五右衛門とはな #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4. Re:こんばんは(^-^)

>五右衛門とはなさん

水草水槽の力ですか。
自然治癒してくれればそれにこしたことはないですからね^^
期待しています。

ありがとうございます。
早く良くなってもらえるよう、わたしも頑張ります。

ヘッダーとかバナーのラミレジィ画像のことでしたら、見映えよく加工しています^^;
  1. 2012/07/29(日) 00:53:34 |
  2. URL |
  3. noram #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5. PCで

>noramさん
今や、PCで綺麗に写真を加工出来るんですよね~知っています(^-^)
  1. 2012/07/30(月) 14:03:38 |
  2. URL |
  3. 五右衛門とはな #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6. Re:PCで

>五右衛門とはなさん

了解です^^
  1. 2012/08/01(水) 22:36:00 |
  2. URL |
  3. noram #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noramandwho.blog.fc2.com/tb.php/194-e3878d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。