ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浮上確認、、、したけど。。。

今日は山口県下関市にある水族館に行ってきました。ついでに隣接する魚市場で新鮮なお魚を食べたりも。

てなことはどうでもよくて、
帰宅してすぐ、コロンビア産ラミレジィの稚魚をチェック!

すると、1、2匹、水槽最奥部の流木の後ろからフヨフヨと泳ぐ稚魚の姿が!!

浮上、確認できました^^

※孵化した稚魚が泳ぎ始めることを「浮上」と呼びます。稚魚はこのタイミングで餌を食べ始めます。

※※なにを突然、当たり前のことを言い出したかと思われる方、多数だとお察ししますが、このブログは「熱帯魚のことを全然知らない方にも読んでいただけたらなぁ」、とのスタンスで書いておりますので、時々こういう「知ってて当たり前」のことも書いたりしますm( 。。)m


さて、稚魚への初給餌です。

といっても、いつもやってるブラインシュリンプをいつも通りの量与えるだけなのですが。



ブライン投入。

他の水槽にもブラインを投入してまわる。

で、戻ってきて稚魚のいる水槽をじーっと見つめる。

稚魚が全然見つからない。。。



うーん、トニナの森の奥底でブラインを食べていてくれればそれでいいのだけど。


10分、20分、さきほど稚魚がいたあたりを凝視するも、1匹も見つけられず。


これはもしかして、親が稚魚をあらかた食べ尽した、残りの1、2匹をかろうじて発見できただけなのかしら?


そうでないことを祈りたいですが。。


実は稚魚が孵化した時点でAn aquarium. 志藤さんにトニナ水槽で稚魚が生まれた場合、水換えってどうしたらいいんでしょう?と質問したおり、初回~3回目くらいは稚魚がいなくなることも心構えして様子を見なさいとお返事をいただいていたので、まあそういう心づもりでいたことはいたんですが、、、


やっぱ悲しいもんは、悲しいわ~!

ワイルドラミレジィは、1年以上ぶりにやっと産卵してくれたので、期待してしまうってもんですよ。。


まあ、ほんとに稚魚がいなくなったかどうかはよく分からないんですけども。
親の様子を観察していると、浮上した稚魚のいたあたりを守っているように見えなくもないので。


ダメだったら、また水槽環境の見直しですね。
ちょうど定期的な水換え直前のタイミングで産んだので、水換えしてないし。
※ほんとは卵のうちに水換えしちゃうのがセオリーとのこと。


明日、無事に稚魚の姿を見ることができたらいいなぁ。

いやまじで。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
↑色んな方の美しいアピストが見られるランキングページに進みます。ラミレジィを飼育されてる方もいらっしゃいますよ^^
スポンサーサイト
  1. 2012/09/09(日) 18:48:10|
  2. ラミレジィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダメでした(&gt;_&lt;) | ホーム | 稚魚がいなくなった!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noramandwho.blog.fc2.com/tb.php/214-81ae70b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。