ワイルド・ラミレジィが好きだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サテライト越しの産卵

先日、60cmスリム水槽へアピストグラマ・アガシジィ"Tefe/Muttonzinho"のメスを移し、先住者のオスはサテライトに隔離しました。

※サテライトというのは、水槽外面に取り付ける隔離飼育箱のことです。



メスは体色の黄色を取り戻し、オスに盛んにアピールしにサテライトに寄ってきていましたが、今日、水槽のガラス面に産卵してしまっているのを発見しました。


$ワイルド・ラミレジィが好きだ!


無精卵なので、卵に白い部分がないのですね。

どうせ孵化しないのですが、一応ざっと数えてみたところ68個くらいでした。

初回の産卵の半分くらいの数ですので、この水槽の環境は前の30cmキューブ水槽より、よくないのかもしれませんね。


孵化しない卵ですが、メス親は一生懸命守っています。


オスを同居させるタイミングを逃してしまいましたが、2週間後くらいにサテライトから本水槽に戻してあげようかと思います。
  1. 2013/02/12(火) 22:31:20|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アガシジィ "Tefe/Muttonzinho" 稚魚たち

アピストグラマ・アガシジィ "Tefe/Muttonzinho" の卵が産まれてから、2ヶ月半経ちました。

もっとこまめに成長過程を記録しようと思っていたのですが、かなり間が空いてしまいました。


というわけで、今日はとりあえず撮ったばかりの画像をたくさん載せてみようと思います。


まじで「たくさん」です(笑)



ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!


実はこうして写真を撮るまで、黄色の発色が始まっていることに気づけてませんでした。

やはりこまめに記録はとっておくべきですね。

体長は1.5cm~2cmくらいだと思います。

稚魚の数ですが、数え漏れがなければ35匹くらいだと思います。



昨日、1ヶ月ぶりくらいで水換えをしたのですが、その後からメス親が稚魚を追い回すようになってしまったので、オスを入れている水槽にメス親を移すことにしました。

といっても、そのままお引越しするとオスに追い回されること必至なようでしたので、オスはサテライトに隔離しておいてからメスを移動しました。

しばらくメスに水槽に慣れてもらってからオスを戻す予定です。



2度目の繁殖は、して欲しいような、まだ待って欲しいような。

水槽増設の用意がまだ滞っていますので。
  1. 2013/02/07(木) 00:57:03|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ビタエニアータ "リオナナイ" をあらためて紹介

アピストグラマ・ビタエニアータ ”リオ・ナナイ” です。


蛍光灯1灯の暗~い水槽なので、画像が粗いですが。


バックから
ワイルド・ラミレジィが好きだ!

横から
ワイルド・ラミレジィが好きだ!


背ビレの伸びはパラクーバにかないませんが、色彩的にはリオ・ナナイ、かなり好きです。肩赤なのが特に。
顔の青ラメとボディの青があまり画像に表すことが出来なかったのが残念。
あらためて撮影リベンジします。


  1. 2013/02/01(金) 23:15:44|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハニドワ稚魚の成長とビタエニ”パラクーバ”の変化

ヒロさんからのリクエストで、今日はハニドワ稚魚の成長をご紹介しようと思います。

ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!

ずいぶんはっきり、オスだとわかるように育った個体です。
大きさはグロッソの葉と比べてみてください。
まだまだ成魚サイズには遠いです。

現在、約50匹がアピストグラマ・ビタエニアータ”Manaus/Paracuba近郊産”と混泳しているのですが、ビタエニが産んだため、ビタエニ夫婦はハニドワたちを追っ払うのに大忙しです^^;

敵(ハニドワ)が多すぎるからか、メスはオスを追いかけ回したりせず、夫婦共同で稚魚を守っています。ハニドワが多すぎて、当分繁殖は無理かと思っていましたが、意外にこのままいけるのだろうか??



そのビタエニ”パラクーバ”ですが、ほっぺが黄色くないのがちょっと残念だったのですが、ごく最近、少し黄色が出てきました!

ワイルド・ラミレジィが好きだ!
ワイルド・ラミレジィが好きだ!

あと、写真に撮ってじっくり見てみても、よく分からないのですが、尻ビレの上あたりのボディに黄色が出てきてるようにも見えるんです。

頬から胸にかけて黄色い個体はいますよね(そういう個体は憧れです)。
尻ビレあたりのボディが黄色い個体って見たことないので、ほんとうに黄色いのか、底床の光の反射でそう見えるだけなのか、いまいち判断がつきません。

とにもかくにも、少しだけでも頬が黄色くなってきて、かなりうれしいです!!
  1. 2013/01/15(火) 22:25:01|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アクア近況報告

ちょっとブログを書くのが間が空いてしまったので、アクア全般の近況報告です。


■アピストグラマ・アガシジィ"Tefe/Muttonzinho"
稚魚は40匹くらいが、まずまず順調?に育っています。
わたしは、ここから大きさを揃えてみな立派に育てるということが苦手なので、正念場はここからです!


■アピストグラマ・ビタエニアータ”Rio Nanay”
こちらのオスは、肩から尾のちかくまで赤くなってくれました^^
ヒレの伸張はパラクーバには劣りますが、色彩的にはリオナナイ、かなり好きです!!


■アピストグラマ・ビタエニアータ”Manaus/Paracuba近郊産"
2度目の産卵。ハニドワ稚魚がうじゃうじゃいる水槽なので、浮上したら厳しいかなと思っていたのですが、浮上3日目の今のところはなんとか生き延びてます。
オスも、メスより外周をよく守ってくれていて、なかなかいいコンビプレーです。
ちなみにオスは、やっぱり肩赤、黄頬は望み薄そうです。でも、ヒレの伸びはいい感じ?
ワイルド・ラミレジィが好きだ!

卵は72個ありましたが、稚魚は20匹くらい?に見えます。やはり卵から稚魚への段階でガクっと減ってしまうなぁ。


パラクーバ水槽の全体像はこんな感じです。
ワイルド・ラミレジィが好きだ!

統一感の全く感じられない水槽、、、^^;

とりあえず調子の悪かったトニナは撤去して、ルドウィジア・インクリナータ・キューバを植えました。


■アフリカンレッドパイプフィッシュ
現地はアルカリ性の水質、という事前リサーチで飼い始めたのですが、珍魚blogマスターの某氏から弱酸性のお魚だよ、というご指摘あり^^;
とりあえず、あんまり水質を頻繁に変えるのは怖いので、そのままアルカリで飼っています。
調子はまあまあよいのではないかな。ちとしばらく様子見ですね。


■ホワイトグローブシュリンプ
2匹、落ちました。
残り6匹、なんとか生き延びてくれ~!!


■ブセファランドラsp. クアラクアヤン1
念願の1、買いました!

$ワイルド・ラミレジィが好きだ!

もう、めためたかわいいです!
今回は活着させずにソイルに植えて育成してみます。
ブセも高光量、CO2添加、ソイル植えで森のように育てている、京成立石のトロピカルガーデンさんの育成方法を真似てみることにしました。
このお店、ブセが好きな方なら一度のぞいてみることを猛烈にオススメします。圧巻の森が広がっています!!


  1. 2013/01/13(日) 23:39:57|
  2. アピスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。